Press "Enter" to skip to content

モノの量には慣れる

Last updated on 2019-11-12

モノを減らし始めた時には「少ない」と感じた量にも、今は「これがいつもの量」に思えます。

はじめは「少ない」と思った

モノを減らし始めた時には、まだまだたくさんのモノがあったにもかかわらず、「私の部屋にあるモノの量としては少ない」と感じました。

今まで、活用しているしていないにかかわらず、当たり前にそこにあったモノが無くなったのです。少なくなったと感じるのは当然でした。

これがいつもの量

はじめは減ったと感じた量にも慣れた今は、この量が私にとっての「いつもの量」「当たり前」になりました。

モノを減らした時の高揚感もなくなり、部屋にいてとても落ち着いた気持ちになります。

今では、この量から、さらに減らしたいとさえ思うようになりました。

ミニマリストを目指そうとしている方の中には、モノを減らして本当に大丈夫なのか不安な方もいるでしょう。ですが心配はいりません。
少ない量にもやがて慣れて、かえって心地よく暮らせるようになります。そもそもモノを減らしすぎることを心配する人は、暮らしに困るほどにはモノを減らさないと思います。

最近のモノの量

今はモノを減らすことを中断しています。
転職に際してモノを入れ替えたため、多少のモノは買っていますが、量としては同程度で推移しています。

他人との比較は意味の無いことで、自分の中の最低限を探っていけば良いことと考えています。それでもあえてミニマリストの方のモノの量の平均を取ったとすれば、私の持ち物はかなり多い方だと思います。

今はモノを減らしにくい事情はありますが、捨てたいモノがまだまだあるので、徐々にではありますがモノを減らしていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。