Press "Enter" to skip to content

ミニマリズムのメリット・デメリット

Last updated on 2019-12-06

6月頃からモノを減らすようになって、そろそろ半年が経ちます。
今思うミニマリズムのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

スペースを広く使える

モノが減れば、それだけ部屋のスペースを広く使えます。
それを一番実感しているのが机の上です。物置音まではいわないまでも、今使うモノ以外が置かれていた机は、何か作業をするには狭く、いちいちモノをどかさなければやりたいことに取りかかれませんでした。

現在の机の上には必要なモノとノートパソコンだけが置かれており、何かやろうと思った時にすぐに取りかかれます。

いちいち片付けから始めなくてよいのは、気持ちの良いことです。

どこに何があるのか一目瞭然

モノが少ない引き出しの中は、開けただけでどこに何があるのかがすぐに分かります。
モノを探す時間が減ったことで、ちょっとしたイライラが大幅に減りました。

衝動買いが減った

モノが少ない気持ちよさ、居心地の良さを感じるようになってからは、文房具や雑貨を衝動買いすることが減りました。

これを買ったら気持ちの良いスペースがなくなる。
せっかく綺麗になった引き出しの中がまたぐちゃぐちゃになる。

お店でモノを手に取っても、このような考えが頭に浮かび、買わずにその場を離れるようになりました。

デメリット

大きなデメリットは感じていない

今のところ、特に大きなデメリットは感じていません。

  • まだまだミニマリズムを実践し始めたばかりで、持っているモノの量が普通の人よりやや少ない程度
  • 家族と暮らしており、自分のモノが減っても活用できるモノがある
  • 食器類や家族共用のタオルなどは母親の領域なので減らしていない

といった点で、デメリットを感じにくい状態にあることも影響しているでしょう。

モノにこだわりすぎるとお金がかかる

しかし、モノが少なくなれば一つ一つのモノにお金がかけられるようになる、という情報を鵜呑みにして、高級志向になると、今まで以上にお金がかかる暮らしになる可能性は感じています。

確かに買うモノが少なければ、出費は減ります。
ですがその分で良い物を買えば、結局出費はかさみます。
良い物を買うのは、もう少しモノを減らして自分に必要なモノを見極め、貯金が出来るようになってからにした方が良いと思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。